• お気に入り物件
  • 物件閲覧履歴
セットアップオフィスとは?フレキシブルオフィスや通常の賃貸との違いを解説2023年12月03日(日)
混同されがちなセットアップオフィスと居抜き物件、他のフレキシブルオフィスや通常の賃貸との違いに加えて、セットアップオフィスのメリットや利用の注意点も含めて解説します。
 

セットアップオフィスとは居抜き物件のこと?見落としがちな違いとは

セットアップオフィスと居抜き物件は、内装をそのまま利用する点では同じため、どちらも同じと考えてしまう場合もあります。そこで、2つの共通点と相違点を解説します。
 

セットアップオフィスとは?

セットアップオフィスとは、すでに内装が施された状態のオフィスをレンタルできるサービスです。
 
オフィスの内装工事がある場合は、まず業者探しから始まり、依頼してから工事完了まで3ヵ月ほどの期間が必要なため、時間も労力も使うでしょう。
オフィスの移転を急いでいる場合でも、数ヵ月は見ておく必要があります。
しかし、セットアップオフィスであれば、家具や什器などが揃っているため、契約後すぐに業務を開始できるでしょう。
 

居抜き物件との違い

居抜き物件も、すでにある内装を活かして利用可能です。
ただし、以前のオーナーが使用していた内装・設備・什器等を残された状態そのままであるため、必要に応じて修理や処分、買い替えなどを行います。
退去時は、スケルトンによる原状回復を求められる場合もあるでしょう。
 
セットアップオフィスの場合は、貸主が内装工事を行い、オフィス家具や什器などを揃えて貸し出す形です。
そのため、修理等が必要なことはほぼないでしょう。
セットアップオフィスの原状回復については、次で解説します。
 

セットアップオフィスのメリットと注意点

セットアップオフィスのメリットといえば、すぐに入居ができて業務を開始できることがあげられるでしょう。
 
セットアップオフィスであれば、業者探しから打ち合わせ、内装工事と必要家具や什器の手配などの時間と労力をかけなくてよいことは、大きなメリットです。
 
また、入居時だけではなく、退去時にもメリットがあります。
通常、オフィスを退去する際には原状回復しなければならないため、費用をかけて「原状回復工事」を行います。
しかし、セットアップオフィスでは、退去時に原状回復義務はあるものの、内装工事等も貸主が行っていることから「原状回復」で求められる範囲は少ないでしょう。
 
セットアップオフィスの内装工事も家具や什器を揃えることも、サービスでやってくれているわけではありません。
内装工事等の費用は、しっかりと賃料にも反映されるため、一般的な賃貸オフィスよりも高めに設定されています。
入居期間が長くなる場合は支払いもかさんでいき、予想以上の賃貸料になる可能性があるため注意が必要です。
 
また、入居時に希望のレイアウトやデザインへの変更はできないため、注意しましょう。
 

セットアップオフィスと混同しそうなフレキシブルオフィスとの違い

セットアップオフィスと居抜き物件の混同は珍しくありませんが、他のフレキシブルオフィスと混同されることも少なくありません。
 
そこで、混同されがちなフレキシブルオフィスをピックアップして、解説します。
 

フレキシブルオフィスとは

フレキシブルオフィスとは、レンタルオフィスやシェアオフィスなどの総称であり、企業から個人まで多角的な利用ができる、多種多様なオフィスです。
セットアップオフィスも、フレキシブルオフィスに入ります。
 

レンタルオフィス

レンタルオフィスについても契約後すぐに業務が始められるように、必要な家具や什器などが揃っているため、セットアップオフィスと同じです。
違いを簡単に説明すると、ひとつの会社が使用するオフィスか、他の企業やフリーランスなど複数と同時に利用するオフィスかです。
 
ひとつの会社用がセットアップオフィスで、複数と同時に利用するのがレンタルオフィスと考えてよいでしょう。
 

シェアオフィス

シェアオフィスについても、契約後すぐに業務が始められるように、必要な家具や什器などが揃っています。
 
シェアオフィスのワークスペースは名称の通り、複数とシェアするため、占用スペースはほぼない状態です。
レンタルオフィスとも混同しがちですが、レンタルオフィスのワークスペースでは、共有スペースと占有スペースと選択できます。
 
セットアップオフィスは、前述の通り、内装・什器・設備等が揃っているオフィスを共有せずに、ひとつの会社だけが使用する点が大きな違いでしょう。
 

セットアップオフィスと賃貸事務所や貸店舗との違いとは

入居時や退去時の足かせが少なく、契約後に業務をすぐに行えるセットアップオフィスは、スピード感をもって起業したい場合や、次の移転先が決まっているなどの短期利用に向いているといえるでしょう。
 
ただし、会社のイメージに合わせるために、内装や家具等の変更はできません。
貸主が作りあげたオフィスのイメージに合うかどうかは、契約前に確認しましょう。
 
その点、貸事務所や貸店舗は会社に合わせたオフィスづくりができます。
家具や什器等を揃える必要はありますが、会社のコンセプトやカラーを出せるため、会社をアピールできるでしょう。
 
貸事務所や貸店舗は、一度入居すると、フレキシブルオフィスよりも移転がしにくいという点は、デメリットとしてもあげられます。
しかし、反対に拠点の根がしっかりあることで、お客様や取引先からの信頼度は高くなります。
 
また、自由度が高い中で、オフィスの管理やメンテナンスについては、管理会社やオーナーが対応する場合がほとんどです。
業務以外の作業に労力をとられないメリットもあるでしょう。
 

セットアップオフィスの利用は軽減できる負担と必要になる負担のバランスで決める

すぐに業務が開始可能なセットアップオフィスの利用は、少しでも早く事業を開始したい場合や、次の移転先に行くまでの短期の利用などに向いているともいえます。
他のフレキシブルオフィスでも、すぐに業務を開始できる環境が整っていますが、複数の企業とシェアするより、常に自社だけのオフィスとして利用したい場合はおすすめです。
 
ただし、内装工事などの初期コストは抑えられますが、内装や環境が整えられた状態で他とシェアしないこともあり、通常の貸事務所や店舗よりも賃貸料金は高くなります。
 
軽減できる負担と必要になる負担があるため、重要視する部分や目的に合わせて、セットアップオフィスや他のフレキシブルオフィス、もしくは貸事務所や店舗を選択しましょう。
 
もしも、改めて横浜で理想的なオフィスを探す場合は「貸事務所・賃貸事務所・オフィス賃貸」において、次のような業界最安値の手数料と、業界初のキャッシュバックがあるクリエイクスがおすすめです。
 
  • 業界初!仲介手数料無料!
          初期費用や月額費用の支払いもありません。
  • 業界初!移転コストのキャッシュバック(成約月額賃料10%)
          家主さんからの手数料の一部を「引越しお祝い金」として還元してもらえます。
  • 業界初!早期契約でさらなるキャッシュバック
           問い合わせから1ヵ月以内の成約によりキャッシュバックしてもらえます。
 
また、クリエイクス独自の移転マニュアル「ゴールデンルール」は必見です。
まずは、最適なオフィスを見つけるために、クリエイクスの無料相談(電話・メールのどちらにも対応)から始めてみましょう。

物件更新情報

  • 3
  • 2239

新着物件速報

ヒルサイドヤマキ

2024.03.03 13:27up!
ヒルサイドヤマキ
神奈川県横浜市緑区霧が丘2-2-10

T&F KANNAI BLDH

2024.03.03 12:44up!
T&F KANNAI BLDH
神奈川県横浜市中区末広町3-99

横浜西口TYビル

2024.03.03 12:38up!
横浜西口TYビル
神奈川県横浜市西区北幸2-10-40

横浜ビジネスパーク(WEST)

2024.03.02 17:25up!
横浜ビジネスパーク(WEST)
神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134

横浜コーヨー十番館

2024.03.02 15:12up!
横浜コーヨー十番館
神奈川県横浜市西区楠町5-16

会社概要

株式会社クリエイクス

神奈川県 横浜市中区 新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ2階 オフィス棟内
神奈川県知事免許(3)第28408号

TEL : 045-680-5806
FAX : 045-680-5809
営業時間 : 平日 9:30~18:30
定休日 : 土日祝日休み

35.453848 139.639225

株式会社クリエイクスが運営する横浜市特化型のオフィス賃貸検索サイトです。私達クリエイクスは、オフィス仲介の新たなスタンダードを作るべく新3大スタンダードを打ち出しています。仲介手数料が最大無料、移転コストキャッシュバック、早期契約の方は更にキャッシュバック、入居後も安心のサポートシステムなどお客様のことを第一に考えたサービスとなっております。
オフィス移転の『ゴールデンルール』 お客様のご移転全体最適いたします。

  • バナー2
  • Facebook
  • twitter

ページトップへ

横浜、みなとみらい、関内、新横浜エリア等で賃貸オフィスをお探しの⽅へ!

横浜、みなとみらい、関内、新横浜エリア等で賃貸オフィスをお探しの⽅へ!

メールで相談

電話番号

メールで相談

電話番号